[漫画]37.5℃の涙 1巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり

263492_01_1_2L

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

この記事では【[漫画]37.5℃の涙 1巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり】という内容をお届けしていきます。

著者・作者「椎名チカ」さん、2015年7月から9月まではTBSドラマとしても放送されていました。

  • 1巻のあらすじ・ネタバレ
  • 読んだ人の感想・口コミ
  • 無料試し読みの方法

これらについてまとめました。

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

[漫画]37.5℃の涙 1巻のあらすじ・ネタバレ

訪問病児保育士

子供が病気になったけど仕事に行かなければならないママさんの代わりに、子供を看病したり面倒をみたりする仕事です。

「37.5℃の涙」は、訪問病児保育士の人生を描いたものです。

桃子の初仕事!

主人公は桃子といいます。

桃子は新米の訪問病児保育士で、これから初めてとなる職場に向かいます。

行った先は、海翔くんのおうちです。

海翔くんはまだ5歳、お母さんがいますが、シングルマザーで仕事をしています。そのため、桃子が家にやって来るとすぐに仕事に出かけていきます。

そんな時、桃子はあることに引っかかります。

それは、海翔くんの昼ごはんがアンパンだということです。

育ち盛りの子供の昼ごはんがアンパン・・桃子はそれが気になって仕方ありません。ですが、訪問病児保育士のマニュアル上、絶対に子供に注意してはならないことになっているのです。

だから桃子はそれを守って、絶対に口出ししません。

海翔くんの本音

海翔君はとても活発でやんちゃな子供でしたが、でもそれは表面だけの姿でした。

桃子に懐きはじめた海翔くんは、自分の気持ちを正直に桃子に話します。

「僕は元気な体がほしい・・」

熱を出して病気になったらお母さんが困る、僕はお母さんを困らせたくないというのです。

海翔くんの言葉を聞いて、桃子も胸を詰まらせますが、それもつかの間・・・海翔君が大変なことになります。

海翔君の熱がさらに上がって熱性けいれんを起こしてしまったのです。

桃子にとっては最大のピンチでしたが、本部の上司から適切なアドバイスをもらい、冷静に対処して事なきを得ました。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

マニュアルを破ってしまう桃子

一命を取り留めた海翔くん。病院に入院することになり、お母さんもお見舞いにきたのですが・・・

元気な姿を見たらまた出かけてしまいました。

実の子供のなんだからもっと心配してあげてもいいのに・・。そう思った桃子は、自分の気持ちにウソがつけなくなります。

そしてマニュアルを破り、海翔くんの母親に怒りをぶつけてしまうのです。

「お母さん!もっと海翔くんを見てあげてください!挨拶してあげてください!」と。

読者の誰もがすっきりするようなセリフでしたが、これを聞いた母親は反省します。そして自分の本音を語り、その後で海翔くんを抱きしめます。

桃子はおとがめなし!

マニュアルを破ったことで桃子は上司に怒られると思っていました。

ところが結果は、意外なものでした。なんと上司の朝比奈さんは、桃子にとても優しい言葉をかけたのです。

そして桃子がマニュアルを破ったことについても、おとがめなしでした。

未婚の上司は部下に厳しいといわれますが、既婚の上司は心が広くて寛容だといわれます。桃子にとっては、朝比奈さんのような上司がいてくれたことは幸運だったといえます。

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

[漫画]37.5℃の涙 1巻を読んだ人の感想・口コミ

1歳と2歳の子供がいます。 ついこの間、とある感染症(冬特有のもの)の疑いで連絡がありました。 仕事を休んで、子供が治った頃に自分にも感染。 結構、心身ともにボロボロでした。 病児保育が浸透していればなぁとしみじみ思っていました。 国は産めや増やせやではなく、少子化対策を頑張っているのですから、病児保育の充実も視野に入れてほしいです。

母親も人間です!きっと誰かに助けてほしいときもあるはず。こんな素敵な病児保育施設があると、安心して、仕事に行けますね!! 毎日、仕事、子育て、と大格闘してますが。 どんなに忙しくても、子供と向き合うことは忘れてはならないなということも教えてもらいました!! 子供達は私にとって元気の源です! 明日からも、この一冊のおかげで頑張れます!!

わたしも共働きです。1番下の子はまだ1.5歳と手がかかる年齢です。けど、うちの子は親孝行な子供で今のところ呼ばれことはないのですが… 子供を育てるというのは、まわりの手助けがないとほんとに大変だと感じます。職場の環境が悪いと子供に八つ当たりと言うこともときどきありますが。もっともっと子育てしやすい環境に社会全体がなってくれるとありがたいと思います。

現在8ヵ月の子育て中です。妊娠前にこの漫画で病児保育というものを知れたおかげで出産前から下調べができ、再就職した今病児保育のおかげで安心して働けます。もっとたくさんの方にこの漫画を読んで頂き、病児保育のこと、病気のときの子どものこと、親のこと、いろいろ知って頂きたいです。

自分の子供時代にトラウマのある人が保育士を志すという前提が、どうしても不自然と思ってしまうのだけど、そこのところが今後わかるのかな?

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>