YouTubeのCMを消す方法を紹介【iPhone/Android】

maxresdefault

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

YouTuberが投稿する動画は
毎日欠かさず見ている!という人も
少なく無いと思います。

ヒカキン、はじめしゃちょー、
マックスむらいなどなど。

特に中高生の間で人気のYouTuberですが、
彼らはYouTubeから広告収入を得て
生計を立てています。

動画そのものは見たいけど、
正直CMは邪魔だ。

今回の記事では、
YouTubeのCMを
消す方法を紹介【iPhone/Android】

という内容をお届けしていきます。

maxresdefault

CMを消す方法について

YouTubeから設定するのではなく、
無料アプリをインストールします。

iPhoneの場合は
AdBlock for iOS

Androidの場合は
AD Block Notification

以下からはOS別の操作手順を
見ていきたいと思います。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

iPhoneでCMを消す方法

App Storeで
「AdBlock for iOS」と検索するか、
こちらのページにアクセスして
アプリをインストールしましょう。

>>AdBlock for iOSのページはこちら

2015-02-26 13.43.00

インストール完了後は
特に設定をする必要はありません。

AdBlock for iOSを入れておくだけで、
CM動画が流れないようになります。

AndroidでCMを消す方法

Google Playで
「AD Block Notification」と検索するか、
こちらのページにアクセスして、
アプリをインストールしましょう。

>>AD Block Notificationのページはこちら

スクリーンショット(2015-02-26 13.45.10)

インストール完了後は
設定を行う必要があります。

詳しい操作手順に関しては
こちらの動画を参考にしてみてください^^

※動画の2分18秒〜設定になります
YouTube Preview Image

最後に

YouTubeのCMを
消す方法を紹介【iPhone/Android】

という内容をお届けしてきました。

我々視聴者からしてみたら、
CMなんて早くカットして
動画を見せてくれ!と思いますよね。

今回紹介したアプリを活用して、
不要なCMはカットしてしまいましょう。

PCでの操作手順についても
こちらで紹介しています。

>>YouTubeの広告CMを消したい!非表示にする方法を紹介【PC】

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

1 個のコメント

  • 初めまして、本日に対象アプリをインストールし、説明動画通りに実行してみましたが、広告が消えませんでした。Android端末です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>