YouTubeの広告CMを消したい!非表示にする方法を紹介【PC】

maxresdefault

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

YouTubeの動画を見ていると、
再生前や再生中に「広告CM」が
流れる時があります。

スキップできるCMならまだしも、
15秒絶対見なきゃ行けないCMだと、
ウザったい…と思いますよね。

今回の記事では、
YouTubeの広告CMを消したい!
非表示にする方法を紹介【PC】

という内容をお届けしていきます。

maxresdefault

YouTubeの広告CMを消したい!

最近はYouTuberの活躍もありますから、
企業側もTVCMだけではなく、
YouTubeのCMにも積極的。

確かに広告効果はあると思いますが、
視聴者の多くは注視していないかと。

そんなYouTubeの広告CMですが、
PCブラウザの各機能を使えば
きれいさっぱり消すことができます。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

ブラウザ別手順解説

Google Chrome

Chromeの拡張機能
Adblock Plus」を使いましょう。

まずは右上の三本線をクリックし、
メニューの中から「設定」を選択

1

「拡張機能>他の拡張機能を見る」と
クリックして進みます。

2

「ストアを検索」の部分に
「Adblock」と入力し検索。

3

検索結果一覧から
「Adblock Plus」をインストール

4

「追加」をクリックすれば、
自動的にインストールされます。

5

ブラウザ画面右上の
赤文字で「ABP」と出ているはず。

6

これで一切の広告が表示されなくなります。

Firefox

Firefoxも同じように
「Adblock Plus」を使いましょう。

ブラウザを起動したら
画面下の「アドオン」をクリック

7

「アドオンを検索します」の入力欄に、
「Adblock Plus」と入力し検索

8

検索結果が表示されたら
Adblock Plusをインストール

9

これで完了です。

Safari

Safariの場合はこちらのページから
「Adblock Plus」を直接インストール。

>>http://adblock-plus-for-safari.en.softonic.com/mac

11

インストールが完了すれば、
特に何の設定もすることなく、
広告が表示されなくなります。

最後に

YouTubeの広告CMを消したい!
非表示にする方法を紹介【PC】

という内容をお届けしてきました。

スマホでも同様の設定をしたい場合は
こちらの記事を参考にしてみてください^^

>>YouTubeのCMを消す方法を紹介【iPhone/Android】

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>