ヒカキンとセイキンってどっちが人気?年収比較など!

seikin-hikakin

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

兄弟揃ってYouTuber
ヒカキン」と「セイキン

先に活動していたのはヒカキン、
日本のYouTuberの先駆者
とも言える存在です。

一方、兄セイキンの方は、
悪い言い方をすれば二番煎じ。

動画の内容こそ違えど、
弟の活動に乗っかった〜
というような感じです。

今回の記事では、
ヒカキンとセイキンって
どっちが人気?年収比較など!

という内容をお届けしていきます。

seikin-hikakin

ヒカキンとセイキンの人気比較

単純な人気を比較するのであれば、
2人のチャンネル登録者数や、
動画再生回数を見てみるのが簡単。

チャンネル登録者数

【ヒカキン】※15年1月時点
・HikakinTV:192万人
・HikakinGames:128万人
・HikakinBlog:29万人
・HIKAKIN:153万人

【セイキン】※15年1月時点
・SeikinTV:84万人
・SeikinGames:39万人

チャンネル登録者数を比較すると、
2人の差は一目瞭然。

セイキンの
チャンネル登録者数を合計しても、
HikakinTV」には及びません。

まぁ、
活動歴の長さも関係していますが、
ヒカキンのチャンネル登録者数、恐るべし。

動画再生回数

2人のメインチャンネルで比較すると、
毎日投稿している動画の平均再生回数は…

ヒカキン:70万〜80万回
セイキン:30万〜40万回

パッと見た感じの平均ですが、
約倍近くの差があるように見えます。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

登録者数や動画再生回数で見る人気は、
ヒカキン」の方が圧倒していますね。

視聴者やネット上の声

出る杭は打たれる」と言いますから、
再生回数が圧倒的に多いヒカキンには
視聴者からも厳しい声があがっています。

また、
弟と同じような活動をしている
兄セイキンにも、色々な声が。

【ヒカキンへの声】

【セイキンへの声】

まとめ

結局は見る人によりけりですが、
毎日欠かさず見てくれる人がいるからこそ、
2人もこうやって活動できているのかと。

いつまで人気が続くのかどうか、
将来どうなるかわかりませんが、
ぜひぜひ頑張っていただきたいものです。

ヒカキンとセイキンに関する記事

>>ヒカキン(本名:開發光)の収入や彼女!徹底的に調査してみた

>>セイキン(本名:開發聖也)の収入や彼女!結婚相手が気になる!

YouTuber兄弟の本名や収入、
彼女に関する情報をまとめた記事です。

特に驚くのは「収入面
チャンネル登録者数、動画再生回数、
この差を見れば納得ですが…

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>