僕だけがいない街 7巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり

61KB2zq8CdL._SX230_

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

この記事では【僕だけがいない街 7巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり】という内容をお届けしていきます。

八代によって川に突き落とされ、生死の境をさまよった悟。なんとか一命を取り留めたものの、植物人間状態になっています。

  • 7巻のあらすじ・ネタバレ
  • 読んだ人の感想・口コミ
  • 無料試し読みの方法

これらについてまとめました。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 7巻のあらすじ・ネタバレ

愛梨との再会

自分の周りの大切な人を守るという目的を達成した悟ですが、そのために費やしてきたこれまでの苦労と時間、そこで過ごしてきた日々の記憶はまだはっきりと蘇りません。

そんなある日のこと、記憶の世界で出会った一人の女性と再会します。

彼女の名は片桐愛梨、現実の世界で再会した愛梨は、記憶の中で出会った彼女とまったく同じ、とても強気でポジティブな性格です。

愛梨に再会して悟は記憶を取り戻せるかもしれないと自信を持つようになりますが、愛梨は悟に対して、自分は目の前のことに全力で踏み込むのがモットーだと答えます。

そしてその言葉に悟がまた励まされます。

記憶をたどる

意識を失った悟は夢の中にいます。そこで悟はある確信を抱くようになりました。

自分の記憶には二つの人生が歩んだ感触があること、それは加代を救えなかった記憶と、無事に救うことができた記憶です。

この二つの人生を繋ぐ接点がどこかにあるはずですが、悟はそれを探します。

記憶を丁寧に辿っていく悟は、あるところに辿り着きます。

それは、自分の母親が殺された場面です。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

再び眠りから目を覚ます悟

母親が殺されたときの記憶に辿り着いた悟は、その瞬間に目を覚まします。

目の前には千羽鶴、そして母親の姿がありました。母親の話ではなんと悟は一年以上も眠っていたというのです。

声は出なくなっており、体も動かしづらい、鼻にはチューブがさしてあります。
これでは15年の眠りから目を覚ました時と同じです

こうして悟は再びリハビリからやり直すことになりました。ですが、この時悟は1つの確信を得ていました。

【始まりの記憶に辿り着くこと】

犯人「八代」も目を覚ます

悟が長い眠りから目を覚ましていた頃、事件の真犯人「八代」も目を覚ましていました。

悟が眠りに落ちたあの時から、八代は自分が一人ぼっちになったのだと感じました。

そして数えつくせないほどの孤独な時間を過ごし、それでも悟の傍から離れることはありませんでした。

10数年経ってから悟が目を覚ましたとき、真犯人は嬉しくてたまりませんでした。

これでもう一人ぼっちじゃなくなる・・・と思ったのです。

時計が動き出す

悟と八代が目覚めたことで、再び時間が動き出します。

それは、目を覚ました悟を見て、八代の狂気までが蘇ってしまったからです・・・。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 7巻を読んだ人の感想・口コミ

長い眠りから目が覚めて、お母さんと幸せな日常に。そのままでいいじゃないのと思うけど犯人がしつこく動き出す(T_T)アイリさんともすれ違ったのに…もう関わることはないのかなぁ。

やっと逢えたアイリとすれ違う、そして八代とも…。再び動き出す八代、そして始まりの街、悟は母を救うことが出来るか?

母親の回想が、いつの間にか犯人の回想に切り替わってて、ゾッとした。怖いーー!アイリとの接点がなくなってしまったのは残念。でも、すれ違うシーンはとても良かったです。先が気になる!!

これからは、読む側としては犯人がわかっている立場なので、悟達に教えたいぐらいヤキモキします。危ないよ、その人、信じたらいけないよ!ラストは、『僕の車じゃないもん』の時みたいな恐怖があった。しかも、この巻に渡って描かれていたモノローグ、ちょっと違和感あったけど、犯人のものだってわかった瞬間に戦慄しました。犯人の持ち物、また罪を犯すつもりだよ!この巻は、今までに見てきた、ゾッとするシーンが『リバイバル』する場面が何度もありました。この辺りを読み込むと、犯人にたどり着くことができるのかもしれません。

主人公の悟がまた寝て起きて、母親の献身的な愛情がすごくて、真犯人の狂気もすごくて、てな感じのタイムスリップサスペンス漫画7巻。いろいろはっきりしていない事の整合性は、次巻以降で回収なのかな。この後は、参加した旅行イベントで誰かが殺されて、主人公が「再上映」して全て思い出して、真犯人に迫る、といった筋書きだろうか。8巻心待ち!

思い出す過程が丁寧でありそれ故に重苦しい巻。自分で進んだ先の決断が切ないけど納得してしまう。次で全てが終わる流れ。カバー下が不穏なんだよなぁ…。

「僕だけがいない街」やっとタイトルの意味がわかった。壮大な話だなぁ。リバイバルありの二重の記憶。過去が2回ある不思議。AIRIには会ってるけど会ってない。「その記憶の始まりは未来だ」先がとにかく気になる。藤原竜也主演で映画化されるみたいやから、それも気になる!

今回は各キャラの心理描写がメインで、話の展開は若干落ち着いたかな、という印象でした。しかし先生、手が込みすぎ……。悟の事件のあと、彼がどのような人生を歩んできたのか気になります。次巻は全面対決再びかな? 楽しみです。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>