僕だけがいない街 6巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり

51POkPDO6KL._SX230_

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

この記事では【僕だけがいない街 6巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり】という内容をお届けしていきます。

八代先生が犯人!?というフラグが立ちまくりの5巻でしたが、6巻では先生がなぜ殺人鬼になったのか?という背景や悟が15年間も眠り続けていた理由が描かれています。

  • 6巻のネタバレ・あらすじ
  • 読んだ人の感想・口コミ
  • 無料試し読みの方法

これらについてまとめました。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 6巻のあらすじ・ネタバレ

悟の母親「佐知子」の生活

悟の母親「佐知子」といい、コンビニでバイトをしています。

コンビニとバイトを往復するだけの佐知子でしたが、知り合いの勧めもあって、1人で上野に出かけることにしました。

久しぶりのコンビニ以外の風景。

公園の景色、美術館の雰囲気、。どれも佐知子にとっては久しぶりのオアシスでしたが、それよりも佐知子は悟が言っていたある言葉を思い出します。

「上野には電車一本で行けるんだ」

当時はこの電車がなかったのですが、現在ではこの電車があるからです。やがて佐知子は自宅に帰ります。

15年ぶりに目を覚ます悟

帰宅後、悟の部屋に入る佐知子。そこにはたくさんの思い出と眠り続けている悟の姿が。

そして・・・佐知子が後ろを振り向いたとき、寝ていた悟が目を覚まします。実に15年ぶりのことでした。

悟が15年間も眠り続けたのは「川に突き落とされたから」です。

八代が悟を川に突き落としたのですが、獣医の先生が偶然助けてくれました。一つ対応が遅れれば悟は脳死になるところでしたが、獣医の先生のおかげて一命を取り留めることができました。

しかし・・・悟の意識は回復せず、彼はそのまま眠り続けることになったのです。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

眠りから覚めた悟

15年という年月を経て目を覚ました悟でしたが、自分の体をでコントロールすることができません。

ですが、佐知子の献身的な介護があったおけげで、悟の身体機能が生き残っていたのでした。

とはいえ、悟はこの15年の間に多くの記憶を失っていました。

思い出せることもいくつかありますが、最後の記憶だけをどうしても思い出すことができません。

【空白の15年間】

苦労して守りぬくことができた加代も、その後どうなったのか?眠っていた15年の間に何が起こってきたのか・・・?

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 6巻を読んだ人の感想・口コミ

大転換。そして最後には出てきてはいけないはずの人が!?これ、どうなってるの?私が理解できていないだけ?ちょっと混乱してきました。混乱してきたけど、面白さと緊張感は相変わらずです。悟の母が生きていて、友人たちも生きている世界にこの女子高生が出てきて…いいんだっけ?ああ最初から読み直したい…。

続きが気になりすぎます!!今回のお母さんの記憶には健やかに育つ息子の姿がないなんて、お母さんにとってはリバイバル前とどっちが幸せなのだろうと考えたらどちらも悲しくて仕方がない。こういうやり直しモノって好きなんだけど、やり直す前のままの方が幸せだったのかもってシーンを見るとやりきれない気持ちになりますね。

すごい展開・・・。もうすぐクライマックスなんかな??記憶はないけど、加代が大人になってて、お母さんになっててよかったね、悟よ。この先、どうなるのかな?

ひゃー凄まじい急展開!悟の空白の年月に何があったのか?幸い悟の中身は小学生ではないけれど、現実長い間植物状態にあった人は十数年経って意識を取り戻したらどんな感覚なんだろうか?そして最後はやっぱりアイリちゃん!

あの引きで先生の回想はいったら死んだと思うじゃん!w神さまのいう通りみたいに主人公殺したのかと思うじゃんwwwよかった!wしかし記憶喪失か…。これは読者は犯人わかってるけど、ってやつだな。ひやひやするし続き気になるなー。あと、加代ちゃんがまさかの悟くんとくっつかなかったガーンてなってたら、そうかお相手はあいりちゃんか…そっか…。

リバイバル前とは違う形で大人に戻ってしまった。悟は記憶を取り戻せるか。

おお、漫画ならではのこの表現よ…言葉が何重にも重なって、断片的にしか耳に入ってきていないことに、悟の受けた衝撃が如何程だったのかわかる。過去の事件は取り敢えず暴けたということでいいのか。ここからは大人編の佳境に入りそう。1巻の時間軸が基本で、そこからの再上映で軸を移動してるのかと思いきや、ひょっとして、この巻の軸が本来あるべき姿なのか?僕だけがいない、というタイトルからすると…

こういう展開になってくると、10巻くらいで終結しそうではある。今更だが、加代が虐待で死んだら数日前とかに戻るのでなく未来へ戻されたのは、そこに重要な鍵があったからだと考えると、良く言えば「再上映」は過去へ戻るだけじゃなく、未来へも行くことができるのかなと。悪く言えば作者の都合通りに事が進むってこと。いずれにせよ、時を経た今、もう大きな「再上映」は起こらないんだろう。「再上映」されないってことは、それだけ悟が慎重に、そして小さな(?)失敗を重ねつつも大きな成功を収め続けているってこと。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>