僕だけがいない街 2巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり

51n64HeRlpL._SX230_

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

この記事では【僕だけがいない街 2巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり】という内容をお届けしていきます。

1巻では悟の「リバイバル」に関する描写や、同級生の「雛月加代」についてが描かれてきました。2巻では悟が18年前に戻って物語が進められていきます。

  • 2巻のあらすじ・ネタバレ
  • 読んだ人の感想・口コミ
  • 無料試し読みの方法

これらについてまとめました。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 2巻のあらすじ・ネタバレ

雛月加代の存在

18年前、悟はこの当時何をして過ごしていたのかを全く思い出せずにいました。ですが、リバイバルで戻ってきたということは、何かがあるはず。

そんな悟の視界に入ってきたのは、雛月加代です。ある時失踪し、そのまま命を落とした同級生の女の子です。

悟が戻った過去は、加代が死ぬ前の月でした。

とはいえ、そもそも悟は加代のことをよく知りませんでした。同級性であることと、母親と二人暮しだったことくらいしか知りません。

「あたしと一緒でニセモノだから」

悟は加代のスカートから覗く太ももを見ていました。

加代の太ももには誰かに殴られた跡があったのです。おそらく加代の母親の仕業と思われますが、どうやらこの傷跡に何かヒントがありそうです。

悟は加代と一緒に下校している時に、ある言葉を投げかけられます。

「あたしと一緒でニセモノだから」

核心に迫るであろう一言ですが、悟は「?」という感じ。ただ、加代は間違いなく何かを知っていそうです。

今はまだ2月17日ですが、加代は3月にはいなくなってしまいます。その間にもっと加代から色々ことを聞き、隠された事実を知らなければなりません。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

加代を助けるために

悟は加代を助けるために動き始めます。

自分が知ってる歴史では、加代は【小学生連続誘拐殺人事件】の犯人によって消されてしまうことになっています。

それをなんとかして阻止しようというのです。また、悟には加代だけでなく、もう一人救ってあげたい人間がいました。

それは、事件の犯人として捕まったユウキさんです。

ユウキは小学生連続誘拐殺人事件の犯人として死刑判決を受けますが、悟の知ってるユウキさんは、殺人とは無関係ないい人だったのです。

ユウキさんが捕まったのはきっと濡れ衣に違いない。そう思った悟はユウキさんも助けるために動くのでした。

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

僕だけがいない街 2巻を読んだ人の感想・口コミ

タイムリープして小学生に戻ってしまった主人公の悟が動き出します。なんか小学生生活をそれなりに満喫してる悟を見ていて、ほっこりしましたね。また、事件が起こらないように奮闘するのが一番の見所ですね。犯人が誰なのか気になります!

主人公は基本的に変わらないものを愛しているがゆえに人づきあいが苦手だったんですなあ。自分も人に合わせるというのが基本的になかったし、ユウキさんのアドバイスを受けて人に合わせたら合わせるでその態度を一貫したがったと。人間は自分の事が一番ままならない。自分自身の行動を司るパターンを変える事は本当に難しいのに、割とそこのところを自覚している人は少なめです。常に自覚出来たら一種の悟りですけどね。主人公はリバイバルという超常現象(超能力?)ゆえにそれに近く…しかし幾つになっても基本的には「守る」人間であるようです。

本格ミステリだよ、小説読んでるかのようだ。ちらちら主人公の記憶と今にズレがあって気になるところ。きっと伏線でもっと違う真実が待ってるんだろう。じわじわ怖さがあって読み応えがある。題名の「僕だけがいない街」の意味が気になるところ、「彼女」じゃなくて「僕」なんだよね。お母さんいいキャラすぎるから救ってあげて主人公。続きホント気になる…。

帯に隠れていたけど、よく見るとこの表紙怖いなぁ(笑)小学生に戻った主人公、中身は大人なのに順応性高いな。それと同じレベルで話せるケンヤもかなり頭の良い子供だなと思う。虐待は今でこそ悲しいかな珍しい事ではなくなってしまったけど、当時としては一大ニュースになるぐらいの事件だったと思う。まさかと思うから、周りもなかなか気付いてあげられない。悲しいな。どうやっても未来は変えられないのか?

小学生時代にリバイバル。何気なく過ごしていた幸せの時間。未来を変えるため、殺人事件を阻止しようと奮闘。虐待を受けていた雛月加代。少しずつ悟に心を開いてく。頭28才の悟。小学生に翻弄されてる所は笑えた。ラスト…えっ?

再上映、子供編。雛月のために走り回る悟の必死さがいい。どんどんテンポよく話が進んでいく。「声に出ていた」、がやたら多いのは何か意味があるのだろうか?無邪気な子供時代が詳しく描かれれば描かれる程、先に待つ闇が深くなるのをとめられない。しかし、先生がどうにも胡散臭く見えるのは、悟の目を通しているからなのか(無意識に?)、それとも…?

最上映で小学生に戻ってしまった藤沼。連続殺人事件の最初の被害者、雛月を助ける為に奔走する。しかし必死に過去を改変しようとする内に、雛月と淡い恋に発展。仲間と共につかの間の幸せを送るが…。雛月の性格形成が、虐待から生まれているプロットに圧巻! 小学生らしい日常の描写も素晴らしく、これにSFサスペンスの魅力も加味されているんだから、もう素晴らしすぎる! 眠れない夜が続きそう!

僕だけがいない街 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【僕だけがいない街】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【僕だけがいない街】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>