[漫画]37.5℃の涙 3巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり

263492_01_3_2L

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む

この記事では【[漫画]37.5℃の涙 3巻 あらすじ・ネタバレ|無料試し読みあり】という内容をお届けしていきます。

2巻では、派遣先のシングルファザーの方から告白された桃子。果たして桃子は告白を受け入れ、交際をスタートさせるのでしょうか?

  • 3巻のあらすじ・ネタバレ
  • 読んだ人の感想・口コミ
  • 無料試し読みの方法

これらについてまとめました。

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

[漫画]37.5℃の涙 3巻のあらすじ・ネタバレ

仕事の依頼者だった篠原さんから告白された杉桃子

結婚を前提に付き合ってくれないか」の一言は、桃子の胸にしっかり突き刺さったようです。

告白された桃子はあることを考えています。

それは、篠原さんの息子の健太君が「自分に母親になってほしい」と言ってくれたことです。

こんなこと言われたら桃子としてもどうしていいか・・という感じですが、彼女はどうするのでしょうか。

デート中に朝比奈さんと遭遇する桃子

篠原さんに告白された桃子は、きっぱり断ることができず、その後も彼と会うことになります。

行った先はとある遊園地、篠原さんに桃子、それに健太君もついてきました。

そんな中、桃子の上司の朝比奈さんと遭遇します。朝比奈さんは娘の小春ちゃんを連れて遊園地に来ていたのです。

桃子としては逃げるわけにもいかないので、そのまま5人で遊園地を回ることになります。

桃子は篠原さんとのことをどうするか決めかねていましたが、そんな煮え切らない態度を見せる桃子を、小春ちゃんが一喝します。

きたいだけもたせてあとでへいきでなかったことにするつもりなんでしょ・・!」と。

桃子にとってはグサリと突き刺さる言葉でしたが、これは母親のいない小春ちゃんだからこそ言えたセリフでした。

それに追い討ちをかけるように朝比奈さんも、自分の今の気持ちを正直に篠原さんと健太くんに伝えたほうがいいと忠言します。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

桃子は告白を受け入れる

桃子はあっさりと「篠原さんとおつきあいさせてください」と言ったのです。

桃子は篠原さんの告白を受け入れたことを朝比奈さんに伝えますが、これを聞いて朝比奈さんは激怒します。

実際には冷静に神経を尖らせているという感じですが、その気迫はこれまでの朝比奈さんではありません。

朝比奈さんは桃子を壁に追いやり、「なんで付き合っちゃったの?」と問い詰めるのでした

健太君の母親が現れる!

篠原さんと付き合い始めた桃子でしたが、そこへ健太君の母親が登場します。

それは健太君が熱を出しているときのことで、桃子は母親に自分は看病に来た病児保育士だと自己紹介します。

母親は健太君が熱を出していることを知り、急いで健太君のもとに駆けって抱きしめます。

それを見た桃子はウルウル・・篠原さんも母親と健太君を引き離していたことを反省します。

桃子は篠原さんと別れる

2人は別れることになりました。

別れは実にあっさりしたもので、篠原さんのほうから桃子に「なあ杉崎、別れよっか」と切り出してきたのです。

桃子がフラれた形ですが、篠原さんも桃子の朝比奈さんに対する気持ちに気づいていたようで、そのことを察してくれたようです。

そう、桃子は朝比奈さんのことが好きだったのです。

ラストシーンで桃子は朝比奈さんに、「あたし・・好きです・・この仕事!!」と言いました。

はっきりと朝比奈さんのことが好きだと言ったわけではありませんが、桃子の表情は笑いながらも真剣です。

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 

[漫画]37.5℃の涙 3巻を読んだ人の感想・口コミ

篠原さんとお付き合い。それが気が気でない朝比奈さん♡小春ちゃんあ後押しされなきゃ動けないんかい!(笑)まぁ、あの展開も桃ちゃんらしいね。それにしても、いつかは、あの母ちゃんと対決するんだよね…。それまで、朝比奈さんとの仲を深めておくんだよー(違)

「同情でやさしくしないで」小春ちゃんが一番大人…。子供を傷つけまいとしたことが結果裏目に出ることも。桃ちゃんのお母さんは継母かと思いました(-_-;)そしてこの巻で一旦完結?!

いきなりの告白で早くね⁉︎と思いましたが、親も完璧ではないですもんね。支えが必要なのは子どもだけではない。朝比奈さんが今回色々不憫でしたが。頑張れw

篠原のエピソード、思ったより引っ張ったなあ。想像と違った展開になり驚いたけれど、桃子はこれから少しずつ本当に大切なものに気がついてゆくんでしょうね。母の登場にも、毅然とした対応ができてよかった(そっちの展開になったらつらい……)。初めはそれほど意外性もない作品かなぁと思って読んでいたけれど、もし桃子が現実のどこかで病児保育士として今日も奮闘していたらと想像すると、何だか胸の温まる作品だったと思います。

やきもちを焼く朝日奈さんが思ったより子どもで「うーん・・・」となってしまった。なんかもう、小春ちゃん頑張って~。(;’∀’)そして、初めてであった桃母に唖然。迷惑だねー、こういうの。そして、桃母からもたらされた兄離婚の情報にホッとした(笑)。

37.5℃の涙 原作の試し読みはこちらから

下のバナー画像をタッチすると、BookLive!のトップページが開きます。

そこから【37.5℃の涙】と検索すると、1巻〜最新刊まで全巻<無料>で試し読みすることができます。

また、BookLive!はスマホ・PC・タブレット、全ての端末に対応しています。

>>BookLive!から【37.5℃の涙】と検索


【BookLive!の”ココ”がオススメ!】
✅新規登録限定で”50%オフ”クーポンがもらえる
✅紙の単行本より”お買い得”に買える
✅My本棚で”半永久的”に保管できる

※上のバナー画像をタッチしても開けなかった場合は、下記リンクからBookLive!を開いて下さい。
▶▶BookLive!のTOPページを開くと検索 
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法


※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>